コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白山城 はくさんじょう

日本の城がわかる事典の解説

はくさんじょう【白山城】

山梨県韮崎市にあった山城(やまじろ)。国指定史跡。甲斐武田氏の発祥の地とされる武田八幡宮の南方の山頂に築かれた城である。甲斐源氏の逸見(源)清光の次男・信義は、逸見氏から分封されて武田庄の庄官となり、武田八幡宮で元服して武田太郎と名乗った。この信義が築いた居館がこの城である。後世、麓の白山神社にちなみ白山城と呼ばれるようになった。信義の後は武田一門の一条氏や、その支族の武川衆の青木、山寺氏などが居城とした。1582年(天正10)の天正壬午の乱では徳川家康により取り立てられ、城として整備されている。城跡には本丸、二の丸、三の丸などの曲輪(くるわ)跡のほか、土塁、空堀、竪堀、土橋、虎口、馬出などの遺構が残っている。遺構の保存状況はたいへん良好である。JR中央本線韮崎駅からバス、鍋山上下車。◇鍋山城、鍋山砦とも呼ばれる。

出典|講談社日本の城がわかる事典について | 情報

白山城の関連キーワード山梨県韮崎市武田八幡宮白山城跡平賀氏白山山寺一条信義

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android