コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白川渥 しらかわ あつし

1件 の用語解説(白川渥の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白川渥 しらかわ-あつし

1907-1986 昭和時代の小説家。
明治40年7月27日生まれ。横光利一に師事。昭和15年「崖」が芥川賞候補。戦後は中間小説をかき,29年「野猿の言葉」が直木賞候補となる。兵庫師範教師,神戸市教育委員長,明石短大教授をつとめた。昭和61年2月9日死去。78歳。愛媛県出身。東京高師卒。本名は正美。作品はほかに「女人の館」「ここは静かなり」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

白川渥の関連キーワード三原山複成片麻岩内褶曲新派劇同和事業早川純一西畑まどかあんみつ姫横浜事件オスメーニャエンデ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone