コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白応 はくおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白応 はくおう

?-? 江戸時代中期の俳人。
桐淵貞山の門人で,松永貞徳直系。江戸の雑俳点者として知られ,選句享保(きょうほう)8年(1723)の「歳旦」をはじめ,「浜の真砂」「百鵆(ももちどり)」「蝶番(ちょうつがい)」などにある。別号に郁々堂貞漁,娯渚堂。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

白応の関連キーワード荒木無人斎南渓(2)桐淵貞山俳人

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android