コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白油 シロアブラ

デジタル大辞泉の解説

しろ‐あぶら【白油】

白ごまから製する。しらしぼり。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の白油の言及

【油】より

油倉油座【小西 瑞恵】 しかし中世末には,これらの油座は特権を失い,大坂・堺の油商人に圧倒された。そのころ原料もエゴマ・ゴマからナタネへと重心が移り,さらに綿実(わたざね)も登場して,ナタネから絞った水油と綿実から絞った白油が近世の油の主流となった。江戸・大坂の需要に応ずる近世の絞油業は,まず大坂長堀川に臨む船場・島之内と天満を中心に展開し,また1705年(宝永2)摂津平野郷には綿実絞油屋が28軒を数えた。…

※「白油」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

白油の関連キーワードトミオカホワイト美術館流動パラフィンユーカリ油リモネンはっか油石丸定次油問屋片脳油樟脳油防臭剤油屋香料

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白油の関連情報