白石内蔵進(読み)しらいし くらのしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白石内蔵進 しらいし-くらのしん

1832-1861 幕末の武士。
天保(てんぽう)3年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩郷士安政の大獄以降,尊攘(そんじょう)運動にくわわる。万延2年1月24日江戸にむかう途中反対派におそわれ,父の平八郎とともに殺された。30歳。名は巨規(たかのり)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android