コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白石凡 しらいし ぼん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白石凡 しらいし-ぼん

1898-1984 昭和時代の新聞人,評論家。
明治31年7月25日生まれ。大正14年朝日新聞大阪本社に入社,学芸部長,出版局長,論説主幹を歴任。アジア・アフリカ作家会議日本委員会委員長,日中文化交流協会常任理事などをつとめた。昭和59年3月21日死去。85歳。山口県出身。京都帝大卒。本名は嵓(いわお)。著作に「サンチョ・パンサの言葉」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の白石凡の言及

【漫才】より

…落語や講談と違って万才は形の決まらない即興の話芸であり,その不定形の様式が,この時代に万才の発展した原因である。そのように万才の様式を使い慣らしたのは横山エンタツ(1896‐1971)であり,彼が相方の花菱アチャコ(1897‐1974)との掛合いですでに手がかりをつかんでいた話芸の芽をさらに大きく伸ばしたのは,朝日新聞大阪本社の白石凡(1898‐1984)が,彼を秋田実(1905‐78)に引き合わせたのが機縁となっている。秋田実は大阪生れで,東京大学中国哲学科に在学中,日本労働組合全国協議会傘下の機関誌部に入り,非合法の活動に加わった。…

※「白石凡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

白石凡の関連キーワード昭和時代評論家

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白石凡の関連情報