コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白磁・白瓷 はくじ

大辞林 第三版の解説

はくじ【白磁・白瓷】

素地きじが白く釉薬ゆうやくが透明で、高温で焼いた磁器。中国古代に興り、唐代のものは西アジアからイベリア半島にまで交易された。日本では江戸初期、有田焼に始まる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

白磁・白瓷の関連キーワードイベリア半島西アジア有田焼磁器高温

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android