コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天工開物 てんこうかいぶつ Tian-gong Kai-wu

6件 の用語解説(天工開物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天工開物
てんこうかいぶつ
Tian-gong Kai-wu

中国,明代の産業技術書。宋応星の著。3巻。崇禎 10 (1637) 年刊。食品,衣服,鉱物,兵器,文具など 18部門に分け,絵入りで,中国伝来の生産技術を解説したもの。人間の技術は自然の力のうえに成り立つという考えに貫かれたもので,日本でも江戸時代に珍重された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

てんこうかいぶつ【天工開物】

中国、代の科学技術書。3巻。宋応星著。1637年刊。農産物・衣服・火器・金属製品などの製造法を、挿絵入りの詳細な記述で体系的にまとめたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

天工開物【てんこうかいぶつ】

中国,明代末の産業技術書。宋応星(1587年−?)著,全3巻,1637年刊。農業技術以下18部門にわたり,在来技術のほとんどを豊富な挿絵とともに解説。技術の指導書でなく知識階級の啓蒙を目標とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

てんこうかいぶつ【天工開物 Tiān gōng kāi wù】

中国の明王朝が滅びる直前の1637年(崇禎10)に江西省奉新県出身の宋応星によって書かれた技術書。全3巻。農業にはじまり,珠玉の採取に終わっており,その間,兵器の一部を除いて,中国の伝統技術の全般にわたって記述している。明末の時代は江南を中心に産業が発展したが,こうした社会情勢を反映したものといえよう。著者は地方官として各地を遍歴し,その間の見聞に基づく実証的記述を行い,また多数の挿図によって読者の理解を助けている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

てんこうかいぶつ【天工開物】

中国の産業技術書。全三巻。明の宋応星著。1637年刊。穀類・衣服・染色・製塩・製糖・製陶・鋳造・製油・製紙・製錬など、明末の産業のあらゆる分野にわたって、図版を添えて述べる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天工開物
てんこうかいぶつ

中国、明(みん)代末の産業技術書。1637年に宋応星(そうおうせい)が書いた。すでに伝来していた西洋の科学技術についての記載は、火器を除いてきわめて少なく、中国在来の産業技術が3巻18部門に分けて記載されている。食品生産関係、衣服、金属加工とその関連部門が大きな比重を占める。製陶の項には登窯(のぼりがま)の記載もある。兵器に1項をあて、とくに火器を取り上げたのは、ヨーロッパの影響と、明末の社会情勢の反映と思われる。この書は読者対象をインテリ層に置いているが、技術の指導書の役割もいくぶん意識し、現場に立ち会って得られたと思われる細かな注意を記しており、例外もあるが、全般に宋代以来顕著になった実証精神で貫かれている。中国では民国の初めに丁文江(ていぶんこう)が高く評価するまでこれを引用する書物は少なく、影響は小さかったが、江戸時代の日本に大きな影響を与えた。[宮島一彦]
『藪内清訳注『天工開物』(1969・平凡社・東洋文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の天工開物の言及

【技術史】より

…〈学問・技芸・工芸の(des sciences,des arts et des métiers)合理的事典〉という副題はその内容をよく示している。しかし,これより100年以上前に中国では宋応星が《天工開物》という詳細な技術誌を著していたことは注目されよう。 ヨーロッパで最初の技術史の書物はJ.ベックマンの《発明史》(1780‐1805,邦題《西洋事物起原》)で,個別的に古代からの文献を広く渉猟してまとめた事典である。…

※「天工開物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

天工開物の関連キーワード西晋イギリスビルマ戦争遺民前夜灯滅せんとして光を増す法滅滅びる・亡びる滅びる幾社

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天工開物の関連情報