コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硬質磁器 こうしつじきhard porcelain

4件 の用語解説(硬質磁器の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硬質磁器
こうしつじき
hard porcelain

カオリン 50%,石英 25%,長石 25%を標準組成とした磁器で,焼成温度が 1350℃以下の低火度磁器と,それ以上の高火度磁器とに区別される。低火度磁器は透光性などはすぐれているが,機械的強度や耐熱性などで劣る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうしつじき【硬質磁器】

摂氏900度ほどで焼いた素地きじに釉うわぐすりをかけ、さらに摂氏1400度ほどで焼き上げた磁器。色が白く緻密。食器・電気器具に用いる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

こうしつじき【硬質磁器】

原料に長石を主とした媒溶剤(融点を低くする働きをする物質)の成分を少量用い、施釉(せゆう)後の焼成を軟質磁器に比べて高温で行う磁器。白く緻密で透光性があり、傷が付きにくい。主として学術的・工業的な区分に用いる用語であり、厳密な規定はない。有田焼マイセンなどのほか、こんにちの実用的な磁器はほとんどがこれにあたる。◇「硬磁」「硬磁器」ともいう。⇒磁器

出典|講談社
食器・調理器具がわかる辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

硬質磁器の関連情報