コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

邢州窯 けいしゅうようXing-zhou-yao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

邢州窯
けいしゅうよう
Xing-zhou-yao

中国,河北省 邢州内邱県近傍にあったと推定される窯およびその磁器。唐代に盛んに生産され,越州窯とともに著名。ことに白磁が名高く,肌が雪のように白くやわらかい感じが特色。一般に白無地のものが多いが,まれに文様のあるものがある。 邢州窯址は未発見で今後の研究にまつ問題が多い。日本伝来の代表的遺品に『白磁鳳首瓶』 (東京国立博物館) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けいしゅうよう【邢州窯 Xíng zhōu yáo】

中国,唐時代の有名な白磁窯。邢窯ともいう。その製品(邢瓷)は端渓の硯とともに天下にゆきわたっているといわれ,また名高い越州窯青磁(越瓷)とならび称された。製作地は河北省の内邱県と伝えられたが,窯址はながく確認されなかった。最近内邱県の隣の臨城県に多数の唐白磁窯址が発見され,不明だった邢州窯の実体がようやくほぼ明らかになった。製品は碗が最も多く,水注,壺などもあり,すべて純白の美しい白磁である。製作時期は唐代後期,ほぼ9世紀のころと推定されるが,開窯,閉窯の時期についてはまだ手がかりがない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

けいしゅうよう【邢州窯】

中国唐代の古窯。河北省臨城県祁村・双井村で、当時最高と賞賛された純白色の白磁を焼いた。邢窯。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android