白紙投票(読み)はくしとうひょう

日本大百科全書(ニッポニカ)「白紙投票」の解説

白紙投票
はくしとうひょう

会議体の議決または選挙の投票に際して、可または否の表示がなく白紙で投票することをいう。白紙投票の効力については、憲法第56条2項に、両議院議事が出席議員の過半数で決せられることを定めていることに関して、これを出席議員に数え、その他の無効票とともに反対票と同様な取扱いをする見解と、白紙投票を、その他の無効票とともに反対票とみることはできないとして出席議員数から除外すべきであるという見解とに分かれる。前者通説および議会の慣行である。

[山野一美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android