コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白羊羹

2件 の用語解説(白羊羹の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

白羊羹

鳥取県米子市の名物菓子。白小豆や手亡豆を使用した白い羊羹。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白羊羹
しろようかん

備中(びっちゅう)(岡山県)白アズキを用いた羊かんで、鳥取県米子(よなご)名物。この羊かんを創作した久米屋(くめや)の先代治之助(じのすけ)は、1932年(昭和7)の不況で、売りに行くより捨てたほうがましと、大八車いっぱいの野菜を日野川に投棄しようとする農民から、その野菜全部を買い取った。そのなかにたまたま一籠(かご)の白アズキがあり、名物の白羊羹作りのきっかけとなった。白アズキは赤アズキの変種で生産がむずかしく、備中、伯耆(ほうき)(鳥取県)、木曽(きそ)(長野県)などの一部で栽培される高級品である。久米屋ではこれをこしの強い寒天とあわせ、羊かんに仕上げたが、白アズキ本来の色なので、白羊羹とはいっても黄灰色を呈しているのが特徴である。[沢 史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白羊羹の関連キーワード鳥取県米子市青木鳥取県米子市泉鳥取県米子市内町鳥取県米子市岡成鳥取県米子市尾高鳥取県米子市車尾鳥取県米子市新開鳥取県米子市永江鳥取県米子市中町鳥取県米子市福市

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白羊羹の関連情報