コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大八車 ダイハチグルマ

3件 の用語解説(大八車の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だいはち‐ぐるま【大八車】

荷物運搬用の二輪車で、二、三人でひく大型のもの。八人の代わりをする車の意からとも、大津八町の約で、その地に昔からあったからともいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

だいはちぐるま【大八車】

江戸を中心に発達した荷物運送用の二輪車。大八なる人物がつくったといい,また8人の力に代わる意の代八車から転じたなどという。円板車輪に板張り車台の〈べか車〉に対して,これは羽7枚,矢21本の車輪と簀子(すのこ)張りの車台で,前方に楫(かじ)があり,引手2~3人,後押し1~2人で引いた。1815年(文化12)の芝車町名主の書上によれば,明暦の大火(1657)後江戸市中に普請多く,そのため木挽町辺に居住の牛車大工が初めて製造して以来流行し,現在では京,大坂その他諸国城下町でも使用されるようになったという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大八車
だいはちぐるま

人力によって荷物を運搬する二輪車で、羽根7枚と矢による車輪と簀子(すのこ)張りの車台で出来ている。1~2人で引き、後押しに2人程ついた。1657年(明暦3)の江戸大火後、建築資材を運ぶため牛車大工八左衛門が発明した説、人間8人分の働きをするため代八(だいはち)と称した説、車台の長さ1丈・9尺・8尺・7尺・6尺のものを大十・大九・大八・大七・大六車と呼ぶところから付けた説など名称の由来がある。大坂では大八車は使用されず、円板車輪に板張り車台のべか車が利用された。大八車は牛車、牛馬背による運搬に比較して飼料代がかからず、車引代も安価なため急速に台数を増やしたため、江戸伝馬町に勤務する馬持ちの荷物を奪うことになり、伝馬町助成として1700(元禄13)~1703年、大八車に伝馬町で極印(ごくいん)を押し極印銀を徴収した。車数2239両、極印銀26貫868匁であった。大八車による事故多発のため殺傷の場合は流罪であるという法令が出ている。[熊井 保]
『児玉幸多編『近世交通史料集』8・9(1978~1979・吉川弘文館) ▽神社司庁他編『古事類苑第32 器用部2』復刻版(1979・吉川弘文館) ▽熊井保著「江戸の牛」(東京都編『都史紀要32』)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大八車の言及

【車】より

…明治に入ると新しく乗用の人力車も登場し,荷車は全国に普及するが,それでも東京・大阪周辺に最も早く,多く存在した。近世には江戸の大八車と大坂のべか車が著名である。 大八車は車台の長さ8尺,幅2尺5寸で,台の長さによって大七,大六などという名もあった。…

※「大八車」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大八車の関連キーワード宿駅城下町自動二輪車宿場町西洋音楽泉都池泉回遊式二輪車宅扱い南京料理

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大八車の関連情報