コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日野川 ひのがわ

10件 の用語解説(日野川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日野川
ひのがわ

福井県中央部を北流する川。九頭竜 (くずりゅう) 川の支流。全長 74km。福井,岐阜県の境をなす笹ヶ峰に発して北流,武生盆地を流れ,足羽 (あすわ) 川を合せて福井市の北西方で九頭竜川に合流する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

日野川
ひのがわ

滋賀県南部の川。全長約 77km。鈴鹿山脈西部の綿向山に源を発し,日野町を流れ,北西流して佐久良川を合せ,近江八幡市西縁で琵琶湖に注ぐ。中・下流域に肥沃な平野を形成,近江米の穀倉地帯をなす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

日野川
ひのがわ

鳥取県西部を北流する川。中国山地道後山三国山付近に源を発して北東流し,江府町江尾付近で北西に流路を転じて米子市皆生付近で日本海美保湾に注ぐ。全長 77km。上流部は日野高原を深く浸食し石霞渓などの峡谷が発達,下流部に米子平野を形成する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひの‐がわ〔‐がは〕【日野川】

福井県中部を流れる川。九頭竜(くずりゅう)川第一の支流。福井・岐阜・滋賀3県の県境にある三国(みくに)岳(標高1209メートル)に源を発して北流し、越前市・鯖江(さばえ)市を流れて福井市高屋(たかや)町付近で九頭竜川に合流する。長さ71キロ。中流域の武生(たけふ)盆地から下流の水田地帯をうるおす。
鳥取県西部を流れる県内最大の川。広島県境の中国山地三国(みくに)山(標高1004メートル)や道後山に源を発して北東流し、途中北西に転じて米子(よなご)市皆生(かいけ)東方で美保湾に注ぐ。長さ77キロ。浸食の進んだ上流に石霞(せっか)渓などの峡谷、下流に米子平野がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

日野川【ひのかわ】

鳥取県西部の川。長さ77km。中国山地の三国山に発し,北東流,江府(こうふ)町江尾(えび)で北に転じて,米子市の東で美保湾に注ぐ。上流ではたたら製鉄が盛んであった。
→関連項目岸本[町]江府[町]鳥取[県]日南[町]日吉津[村]日野[町]溝口[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ひのかわ【日野川】

滋賀県南東部の川。全長44km,流域面積約200km2。鈴鹿山脈中部の綿向(わたむき)山(1110m)に源を発して西流し,古琵琶湖層群の丘陵地を開析して蒲生郡日野町の中心部に至り,ここから北西流して近江八幡市の西部で琵琶湖に注ぐ。出雲川,佐久良川,祖父川,善光寺川などの支流があり,中・下流が天井川になっているので流域はたびたび洪水の被害をこうむった。1966年日野町西大路日野川ダムが建設され,洪水を防ぐとともに,豊富な農業用水が確保されるようになった。

ひのがわ【日野川】

鳥取県西部を北流して日本海に注ぐ川。広島県との境,中国山地の道後山(1269m),三国山(1004m)の北斜面に源を発し,高原上を緩やかに流れ,中流部では峡谷を刻んで北東に流れる。この直線状構造谷の流路は大山の火山活動によって北西に向きを変え,西伯郡岸本町より下流部には扇状地を形成,米子市と日吉津(ひえづ)村との境を流れて美保湾に注ぐ。長さ77.4km。上流域は花コウ岩地帯で,江戸時代には,たたら製鉄のため鉄穴流(かんなながし)による砂鉄採取が盛んに行われ,下流域にもたらされる土砂,流砂はおびただしい量となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔福井県〕日野川(ひのがわ)


福井県中部を流れる川。1級河川(九頭竜(くずりゅう)川水系)。福井・岐阜・滋賀県境の三国ヶ(みくにが)岳(標高1209m)に源を発し、北流して福井平野中部で九頭竜川に合流する。上流の広野(ひろの)ダムは福井平野南部の工業用水・灌漑(かんがい)用貯水池

〔滋賀県〕日野川(ひのがわ)


滋賀県南部を流れる川。1級河川(淀(よど)川水系)。延長約44km。鈴鹿(すずか)山脈の綿向(わたむき)山(標高1110m)南方に源を発し、北西流して近江八幡(おうみはちまん)市で琵琶(びわ)湖に注ぐ。上流に水量調節・農業用の日野川ダムがある。

〔鳥取県〕日野川(ひのがわ)


鳥取県西部を流れる川。1級河川(日野川水系)。延長77km。流域面積870km2。鳥取・島根・広島の3県境をなす三国(みくに)山(標高1004m)北斜面に源を発し、北東流ののち北西流して美保(みほ)湾に注ぐ。古代から上流で砂鉄採取が盛んに行われ、その流出土砂が下流の弓ヶ浜(ゆみがはま)や米子(よなご)平野を形成する一因となった。支流の法勝寺(ほっしょうじ)川流域を含む下流域は古代遺跡が集中する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日野川の関連キーワード九頭竜ダム九頭竜峡竹田川九頭竜九頭竜スキー場九頭竜レイクサイドモビレージパークホテル九頭竜九頭竜線福井県大野市長野福井県坂井市丸岡町新九頭竜

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日野川の関連情報