コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白群 びゃくぐん

色名がわかる辞典の解説

びゃくぐん【白群】

色名の一つ。JISの色彩規格では「やわらかいみの」としている。一般に、岩絵の具に用いる群青ぐんじょうを細かい粉末に砕いてできる白っぽい顔料の色。薄い群青色のこと。群青は細かく砕くほど白っぽくなる。群青の原料となる鉱物は天藍石てんらんせき。英名はラズライト(lazulite)という。同じ青い鉱物の青金石せいきんせきもラズライト(lazurite)で混同しがちだが欧文のスペルが違う。ほかに、藍銅鉱らんどうこう、英名アズライト(azurite)も白群の原料となる。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

白群の関連キーワード繧繝彩色岩絵の具岩絵具草鷸色名欧文ラズ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白群の関連情報