白覆輪(読み)シロブクリン

精選版 日本国語大辞典の解説

しら‐ぶくりん【白覆輪】

※太平記(14C後)六「天王寺に詣て、白鞍置たる馬、白輻輪(シラブクリン)の太刀、鎧一両副て引進(ひきまいら)す」

しろ‐ぶくりん【白覆輪】

〘名〙 鞍や鞘などを、銀でふちどりしたもの。ぎんぶくりん。しらぶくりん。
※金刀比羅本保元(1220頃か)中「赤地の錦の直垂に、逆面高の鎧、てうの丸のすそ金物しげううったるが、白覆輪(シロブクリン)なるに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android