コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白金海綿 はっきんかいめんplatinum sponge

5件 の用語解説(白金海綿の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白金海綿
はっきんかいめん
platinum sponge

塩化白金酸アンモニウム (NH4)2[PtCl6] を加熱あるいは還元して得られる灰色の多孔質海綿。表面積が大きく,良好な白金触媒の一種である。白金海綿を融解あるいは鍛造すると塊状の白金が得られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はっきん‐かいめん〔ハクキン‐〕【白金海綿】

黒色の海綿状の白金。ヘキサクロロ白金酸アンモニウムを強く熱して得られる、強力な酸化・還元触媒

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

白金海綿【はっきんかいめん】

塩化白金酸アンモニウム(NH42[PtCl6]を700〜800℃に加熱した際に残る黒色海綿状の白金。表面積が大きく触媒として用いられる。
→関連項目白金

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

はっきんかいめん【白金海綿】

ヘキサクロロ白金(Ⅳ)酸のアンモニウム塩を加熱して(摂氏700~800度)得られる、黒色海綿状の白金。表面積が大きく、酸化・還元の触媒として利用される。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白金海綿
はっきんかいめん
spongy platinum

クロロ白金酸アンモニウムを700~800℃に加熱すると得られる黒色海綿状の白金。表面積が大きく、触媒として用いられる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の白金海綿の言及

【白金】より

…この溶液を蒸発乾固し,さらに塩酸を加えて溶かしてから再び蒸発乾固し,これを繰り返して硝酸を除いてから硫酸鉄(II)(還元剤)を加えて金を沈殿させ,分離する。ろ液に塩化アンモニウムを加えて,白金をヘキサクロロ白金(IV)酸アンモニウム(NH4)2[PtCl6]として沈殿させ,これを分離,洗浄して,700℃に加熱すると海綿状の白金(白金海綿)が得られる。ろ液を80℃に加熱,硝酸を加えてパラジウムを酸化し,塩化アンモニウムを加えると,パラジウムがテトラクロロパラジウム(II)酸アンモニウムとなって沈殿し,ろ別できる。…

※「白金海綿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

白金海綿の関連キーワードイオン炭酸アンモニウムアンモニウム肥料アンモニウム紺青白金海綿ミョウバン(明礬)硝酸性窒素テイラライト

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone