コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白金海綿 はっきんかいめんplatinum sponge

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白金海綿
はっきんかいめん
platinum sponge

塩化白金酸アンモニウム (NH4)2[PtCl6] を加熱あるいは還元して得られる灰色の多孔質海綿。表面積が大きく,良好な白金触媒の一種である。白金海綿を融解あるいは鍛造すると塊状の白金が得られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

白金海綿【はっきんかいめん】

塩化白金酸アンモニウム(NH42[PtCl6]を700〜800℃に加熱した際に残る黒色海綿状の白金。表面積が大きく触媒として用いられる。
→関連項目白金

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

はっきんかいめん【白金海綿】

ヘキサクロロ白金(Ⅳ)酸のアンモニウム塩を加熱して(摂氏700~800度)得られる、黒色海綿状の白金。表面積が大きく、酸化・還元の触媒として利用される。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白金海綿
はっきんかいめん
spongy platinum

クロロ白金酸アンモニウムを700~800℃に加熱すると得られる黒色海綿状の白金。表面積が大きく、触媒として用いられる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の白金海綿の言及

【白金】より

…この溶液を蒸発乾固し,さらに塩酸を加えて溶かしてから再び蒸発乾固し,これを繰り返して硝酸を除いてから硫酸鉄(II)(還元剤)を加えて金を沈殿させ,分離する。ろ液に塩化アンモニウムを加えて,白金をヘキサクロロ白金(IV)酸アンモニウム(NH4)2[PtCl6]として沈殿させ,これを分離,洗浄して,700℃に加熱すると海綿状の白金(白金海綿)が得られる。ろ液を80℃に加熱,硝酸を加えてパラジウムを酸化し,塩化アンモニウムを加えると,パラジウムがテトラクロロパラジウム(II)酸アンモニウムとなって沈殿し,ろ別できる。…

※「白金海綿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

白金海綿の関連キーワードアンモニウム塩デベライナー白金(元素)塩化白金酸塩化白金ライター白金石綿元素摂氏濾過

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android