コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白金酸 はっきんさんplatinic acid

世界大百科事典 第2版の解説

はっきんさん【白金酸 platinic acid】

酸化白金(IV)4水和物PtO2・4H2OはH2[Pt(OH)6]と書くことができるので白金酸(正式にはヘキサヒドロキソ白金(IV)酸)と呼ばれる。また,これはPt(OH)4・2H2Oと書くこともできるので水酸化白金(IV)とも呼ばれるが,正確な構造は不明である。白金を王水に溶かしたときにできる塩化白金酸(IV)H2[PtCl6]の水溶液に水酸化ナトリウムNaOH水溶液を加え,長時間煮沸した後,酢酸で中和すると得られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

白金酸の関連キーワードN. バートレットアンモニウム塩クロロ白金酸アダムズ触媒白金(元素)希ガス化合物白金化合物パラジウム水酸化白金ルビジウム塩化白金酸白金石綿白金海綿塩化白金キセノン放射能白金黒複塩王水

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android