コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白馬の騎手 はくばのきしゅDer Schimmelreiter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白馬の騎手
はくばのきしゅ
Der Schimmelreiter

ドイツの作家 T.W.シュトルムの小説。 1888年発表。北海の岸辺貧家に生れたハウケ・ハイエンは,堤防監督官の娘と結婚してその地位を継ぎ,人々の反対を押切って新しい堤防を築く。そして,大津波が押寄せたとき,改修を主張していれられなかった旧堤防が切れ,彼は白馬にまたがって家族もろとも水中に没する。彼の堤防は残り,あらしの夜には白馬の騎手が現れるという。自然と戦う人間の運命と,深い人間愛を描いた作品。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android