百座の仁王講(読み)ひゃくざのにんのうこう

精選版 日本国語大辞典「百座の仁王講」の解説

ひゃくざ【百座】 の=仁王講(にんのうこう)[=仁王道場(にんのうどうじょう)

仁王経護国品」に、百の高座を設け、百人の法師を招請してこの講説すれば国は安泰であると説くところから行なわれるようになった「仁王経」の講説。一日、一座ずつ行なわれることもある。百座会とも百座道場ともいう。
今昔(1120頃か)七「仁王経二巻を出して百座の仁王道場を開くに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android