コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百済善光 くだらの ぜんこう

1件 の用語解説(百済善光の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

百済善光 くだらの-ぜんこう

?-? 百済(朝鮮)の義慈王の王子。
舒明(じょめい)天皇3年(631)兄の余豊璋(よ-ほうしょう)とともに人質として来日。百済の滅亡後もとどまり,難波(大阪)に定住する。晩年に正広肆(しょうこうし)の官位,百済王(こきし)の氏姓をあたえられ,食封(じきふ)100戸を加増された。持統天皇7年(693)1月正広参がおくられており,その直前に死亡か。本姓は余。名は禅広とも。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone