コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百済善光 くだらの ぜんこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

百済善光 くだらの-ぜんこう

?-? 百済(朝鮮)の義慈王の王子。
舒明(じょめい)天皇3年(631)兄の余豊璋(よ-ほうしょう)とともに人質として来日。百済の滅亡後もとどまり,難波(大阪)に定住する。晩年に正広肆(しょうこうし)の官位,百済王(こきし)の氏姓をあたえられ,食封(じきふ)100戸を加増された。持統天皇7年(693)1月正広参がおくられており,その直前に死亡か。本姓は余。名は禅広とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百済善光の関連キーワード百済南典百済昌成百済遠宝義慈王

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android