コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百済教徳 くだらの きょうとく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

百済教徳 くだらの-きょうとく

?-822 奈良-平安時代前期の官吏。
百済貞香(じょうきょう)の父。延暦(えんりゃく)7年(788)右兵庫頭(うひょうごのかみ)となる。宮内大輔(くないのたいふ),治部(じぶの)大輔などをつとめた。弘仁(こうにん)7年嵯峨(さが)天皇の摂津水生野(みなせの)(大阪府島本町水無瀬(みなせ))の遊猟に供をし,従四位上にすすむ。のち刑部卿(ぎょうぶきょう)。延暦5年に叙爵された百済孝徳(きょうとく)と同一人ともみられる。弘仁13年10月17日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百済教徳の関連キーワード百済貞香

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android