法界寺(読み)ほうかいじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法界寺
ほうかいじ

京都市伏見区にある真言宗醍醐派の寺。通称は日野薬師。「ほっかいじ」とも読む。永承6 (1051) 年日野資業がその別荘の地にあった寺跡を再建したもので,境内にあったいくつかの阿弥陀堂は,鎌倉時代初期に焼失し,国宝の阿弥陀堂一宇だけが現存する。本尊の定朝式『阿弥陀如来坐像』は国宝。本堂薬師堂重要文化財で,康正2 (1456) 年建立の奈良県伝燈寺の本堂を 1904年に移築したもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほうかい‐じ〔ホフカイ‐〕【法界寺】

京都市伏見区にある真言宗醍醐派の別格本山山号は、東光山。通称、日野薬師・乳(ちち)薬師。弘仁13年(822)日野家宗が別荘を寺としたもので、開山最澄。永承6年(1051)に日野資業(すけなり)が堂宇を建立、戦国期に衰退するが、親鸞(しんらん)誕生の地として江戸時代に復興された。寺宝には、浄土教建築の遺構とされる阿弥陀堂(国宝)、阿弥陀如来坐像(国宝)、薬師如来立像重文)がある。

ほっかい‐じ【法界寺】

ほうかいじ(法界寺)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

法界寺【ほうかいじ】

京都市伏見区日野にある真言宗醍醐派の寺。日野薬師とも。日野家宗の創建で最澄の開創と伝え,日野氏の氏寺として伽藍が整備されたが,鎌倉期以降数度の火災で大半を焼失。定朝様の阿弥陀如来像と内陣の壁画で名高い阿弥陀堂(藤原時代)と秘仏の薬師如来像を置く薬師堂(1456年)などが残る。
→関連項目氏寺醍醐日野日野家

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうかいじ【法界寺】

京都市伏見区にある真言宗醍醐派の寺。山号は東光山。日野薬師,乳薬師ともいわれる。1051年(永承6)日野資業が現地にあった山荘を寺に改め,薬師堂を建て,その堂内に,日野家伝来の最澄作と伝える薬師如来の小像を胎内に納めた薬師仏を安置したのにはじまるという。以来日野家の氏寺として一族が堂舎造立盛観を極めた。だが中世には幾度か炎上し,平安期の建物では平等院鳳凰堂とともに浄土教芸術の白眉とされる阿弥陀堂(国宝)が,唯一災禍を免れた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほうかいじ【法界寺】

京都市伏見区にある真言宗醍醐寺派の寺。山号、東光山。822年に日野家宗が氏寺として創建。開山は最澄。1051年日野資業ひのすけなりの再興。親鸞の誕生地と伝えられる。現存の阿弥陀堂は鎌倉初期の遺構で、阿弥陀如来像とともに国宝。内陣に飛天の壁画がある。日野薬師。乳薬師。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法界寺
ほうかいじ

京都市伏見(ふしみ)区醍醐日野(だいごひの)西大道町にある真言(しんごん)宗醍醐派の別格本山。東光山(とうこうざん)と号する。通称「日野薬師(ひのやくし)」。1051年(永承6)日野資業(すけなり)の本願によって創建され、もとは天台宗であった。代々、日野一族門葉が資財をなげうって堂塔を整えたので、伽藍(がらん)の威容は荘厳美麗を極めていたが、室町末期に応仁(おうにん)の乱の兵火にかかって焼失し、現在は薬師堂(本堂、国重文)と阿弥陀(あみだ)堂(国宝)の二宇が残る。本堂は天正(てんしょう)年間(1573~92)に炎上し、現存の薬師堂は1904年(明治37)奈良県竜田の伝燈寺の灌頂(かんじょう)堂を移築した1456年(康正2)の古建築である。堂内には国重文指定の本尊薬師如来(にょらい)像(伝、伝教(でんぎょう)大師作)と、脇侍(きょうじ)の日光・月光菩薩(ぼさつ)像、十二神将像(伝、運慶(うんけい)作)を安置する。この本尊に祈願すると授乳の霊験あらたかであるといわれ、昔から多くの人々に信仰され、「乳(ちち)薬師」ともいわれてきた。阿弥陀堂は平安時代に宇治の平等院鳳凰堂(ほうおうどう)と相前後して建てられたといわれてきたが、建築、壁画などから、今日では鎌倉初期の1226年(嘉禄2)造営と推測され、定朝(じょうちょう)作と伝える丈六の阿弥陀如来坐像(ざぞう)(国宝)を安置している。また、内陣長押(なげし)上部の漆喰(しっくい)壁に描かれた飛天図など23面の壁画(国宝)は絵画史上貴重なもの。1月14日に行われる修正会(しゅしょうえ)の裸踊りは有名。[野村全宏]
『『古寺巡礼 京都29 法界寺』(1979・淡交社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ほうかい‐じ ホフカイ‥【法界寺】

京都市伏見区日野西大道町にある真言宗醍醐派の寺。山号は東光山。一説には弘仁一三年(八二二)日野家宗の創建。また一説には、日野資業が永承六年(一〇五一)薬師堂を建立し、そこに同家伝来の最澄作薬師如来像を安置したことに始まるという。開山は最澄。本尊の薬師如来像は最澄作。宝形造りの阿彌陀堂は四方の壁に天人像が描かれ、定朝式木造の阿彌陀如来座像とともに平安後期の作で、国宝。日野薬師。乳薬師。ほっかいじ。

ほっかい‐じ【法界寺】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android