コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

檜原湖(読み)ひばらこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

檜原湖
ひばらこ

福島県北部,磐梯山の北側,磐梯高原にある湖沼群の1つで,裏磐梯三湖の1つでもある。標高 819mにあり,面積 10.7km2,周囲 38km,最大水深 31m。面積のわりに湖岸線が長い。 1888年の磐梯山の噴火で流出した泥流により小野川,大川,大倉川,中津川などがせきとめられ,秋元湖,小野川湖などとともにできた。湖中には「流れ丘」と呼ばれる泥流丘陵が数多くあり,それらが水面に露出している。冬季には結氷し,氷上は釣客でにぎわう。磐梯朝日国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひばらこ【檜原湖】

福島県耶麻郡北塩原村磐梯高原にある湖。秋元湖小野川湖とともに裏磐梯三湖とよばれる。南北に細長く,長さ10.5km,最大幅2.8kmで,面積は10.8km2と3湖のうち最も広い。湖面標高822m。1888年7月磐梯山の大爆発によって流下した泥流が,長瀬川の上流,檜原川や支流の雄子沢(おしざわ)川などをせき止め湛水した湖。湖の中部以南には泥流丘陵からなる小島が多く,湖底地形も複雑で,湖岸線の出入りも多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

檜原湖の関連情報