皆免(読み)かいめん

精選版 日本国語大辞典の解説

かい‐めん【皆免】

〘名〙 一定期間内の負債などを、免除させること。債権、債務いっさいを消滅させること。徳政。
※大乗院寺社雑事記‐文明一五年(1483)六月一八日「此作手事、自学侶・衆中以下一切公事事、階免旨申付之之由申」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かい‐めん【皆免】

近世、ある期間内の債権債務をすべて帳消しにすること。中世の徳政にあたる。
「天下徳政になして―の時」〈・新可笑記〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例