皆川利吉(読み)みながわ りきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

皆川利吉 みながわ-りきち

1893-1972 大正-昭和時代の労働運動家。
明治26年7月3日生まれ。機械工としてはたらき,アナーキズム系活動家となる。大正12年機械労働組合連合会で幹事,15年結成の日本労働組合総連合会計,中央常任執行委員。神戸製鋼所三重工場労務課長をへて,戦後は総同盟三重県連総主事などをつとめ,のち民社党に参加。昭和47年12月28日死去。79歳。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android