コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天皇明仁 てんのう あきひと

1件 の用語解説(天皇明仁の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天皇明仁 てんのう-あきひと

1933- 第125代天皇。在位1989-。
昭和8年12月23日生まれ。昭和天皇の第1皇子。母は香淳(こうじゅん)皇后。今上天皇。昭和64年父の死去により即位し,平成と改元。戦後,小泉信三,アメリカのバイニング夫人らから教育をうける。昭和27年成年式と立太子礼をあげ,34年正田美智子を初の民間出身の妃(きさき)としてむかえた。皇太子時代から世界各国を訪問して皇室外交による親善につとめる。またハゼなどの魚類研究でも知られる。学習院大中退。幼称は継(つぐの)宮。
【格言など】大いなる世界の動き始まりぬ父君のあと継ぎし時しも(平成12年歌会始)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

天皇明仁の関連キーワード後嵯峨天皇近衛天皇斉明天皇四条天皇称徳天皇仲恭天皇六条天皇網代天井古代天皇の秘密古代天皇制

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone