コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天皇明仁 てんのう あきひと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天皇明仁 てんのう-あきひと

1933- 第125代天皇。在位1989-。
昭和8年12月23日生まれ。昭和天皇の第1皇子。母は香淳(こうじゅん)皇后。今上天皇。昭和64年父の死去により即位し,平成と改元。戦後,小泉信三,アメリカのバイニング夫人らから教育をうける。昭和27年成年式と立太子礼をあげ,34年正田美智子を初の民間出身の妃(きさき)としてむかえた。皇太子時代から世界各国を訪問して皇室外交による親善につとめる。またハゼなどの魚類研究でも知られる。学習院大中退。幼称は継(つぐの)宮。
【格言など】大いなる世界の動き始まりぬ父君のあと継ぎし時しも(平成12年歌会始)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

天皇明仁の関連キーワード秋篠宮文仁親王皇太子徳仁親王12月23日皇后美智子秋篠宮文仁牛島 秀彦諸橋 轍次野村 行一森 克己黒田清子野村行一立太子礼今上天皇重田保夫ブライス秋篠宮明仁宮家徳仁

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天皇明仁の関連情報