コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇娘娘台遺跡 こうじょうじょうだいいせきHuáng niáng niáng tái yí zhǐ

世界大百科事典 第2版の解説

こうじょうじょうだいいせき【皇娘娘台遺跡 Huáng niáng niáng tái yí zhǐ】

中国甘粛省武威県の小丘上にある新石器時代末期の遺跡。1957年と59年に調査された。甘粛仰韶文化斉家文化期の単一遺跡とみられる。貯蔵穴,長方形竪穴土壙墓,住居址が検出された。土器には泥質紅陶と粗砂紅陶があり,前者の双耳大缶,外反長頸で長胴の双耳缶はこの文化に特徴的である。方形石庖丁,石鎌などの磨製石器が基本であるが,細石器も多い。アワ栽培を行い,牛,羊,豚,犬も飼養していたらしい。卜骨は羊がぬきんでて多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報