コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皮膚ポルフィリン症の検査 ひふぽるふぃりんしょうのけんさ

家庭医学館の解説

ひふぽるふぃりんしょうのけんさ【皮膚ポルフィリン症の検査】

 晩発性(ばんぱつせい)皮膚ポルフィリン症では、尿中のウロポルフィリンが著しく増え、コプロポルフィリンも増加します。また、肝機能検査の結果も悪くなり、肝臓の細胞を検査すると、ポルフィリン体が肝細胞に沈着しているのがわかります。
 なお、光線の最大吸収波長を290nm(ナノメートル)(29mmの10万分の1。可視光線の波長域より紫外線に近い)とする光線過敏をおこします。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android