コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皮膚ポルフィリン症の検査 ひふぽるふぃりんしょうのけんさ

1件 の用語解説(皮膚ポルフィリン症の検査の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ひふぽるふぃりんしょうのけんさ【皮膚ポルフィリン症の検査】

 晩発性(ばんぱつせい)皮膚ポルフィリン症では、尿中のウロポルフィリンが著しく増え、コプロポルフィリンも増加します。また、肝機能検査の結果も悪くなり、肝臓の細胞を検査すると、ポルフィリン体が肝細胞に沈着しているのがわかります。
 なお、光線の最大吸収波長を290nm(ナノメートル)(29mmの10万分の1。可視光線の波長域より紫外線に近い)とする光線過敏をおこします。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

皮膚ポルフィリン症の検査の関連キーワードウロポルフィリンコプロポルフィリンポルフィリン晩発急性間欠性ポルフィリン症異型ポルフィリン症異型ポルフィリン症候群フェロプロトポルフィリンプロトポルフィリンポルフィリン色素

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone