コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皺胃 しゅういabomasum

翻訳|abomasum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

皺胃
しゅうい
abomasum

ウシ,シカなど反芻類の反芻胃の一つで,第4にあたる。葉胃から送られてくる反芻ずみの食物を,胃液分泌によって通常の胃内消化を行うところ。なお,ラクダ科,マメジカ科では葉胃と皺胃の分化はなく,3室性である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の皺胃の言及

【反芻胃】より

…胃内容を口腔に吐きもどして再そしゃくし,唾液(だえき)と混合させて再び嚥下(えんげ)することを反芻ruminationという。ウシ,キリン,シカ,マメジカなどの反芻類の胃を一般に反芻胃といい,第一胃(こぶ胃)rumen,第二胃(蜂巣(ほうそう)胃)reticulum,第三胃(重弁胃)omasum,第四胃(皺胃(しゆうい))abomasumの4室よりなる。ただし原始的なマメジカ類では第三胃がなく3室である。…

※「皺胃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

皺胃の関連キーワードウシ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android