コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サビ

デジタル大辞泉の解説

さび【×皺】

烏帽子(えぼし)の表面地質を寄せてをかけて装飾としたしわ。しぼ。

しぼ【×皺】

糸の縒(よ)り具合で、織物の表面に現れる凹凸。また、紙や皮革などの表面につけたしわ。
烏帽子(えぼし)の表面につけたしわ。さび

しわ【×皺/×皴】

皮膚や紙・布などの表面にできる細い筋目。「目じりに―が寄る」「ズボンが―になる」
水面にできるさざなみ。「の―」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しわ【皺】

皮膚や紙,布の表面に細かいすじが縮みよった状態。皮膚のしわは,表皮の萎縮,真皮内の膠原(こうげん)繊維や弾性繊維の退化・変性,また皮膚の水分や皮下脂肪の減少などによって,皮膚の弾力性がなくなってくるためにできる。生理的には皮膚の老化現象として現れ,年齢とともに著しくなる。一般に,激しく使う部分ほど早くしわができるといわれる。顔では,表情に関係してよく動く部分にできやすい。またしわを生ずる誘因は,外的なものとして太陽光線,寒冷刺激,不適当な化粧品,汚れなどがあげられ,内的なものとして皮膚の血液循環や栄養の不良などがあげられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さび【皺】

烏帽子えぼしのしわ。版木に刻み紙を押し当ててつける。しわの形によって、大皺おおさび・小皺・横皺・柳皺やなぎさびなどがある。しぼ。

しぼ【皺】

ちぢみ・縮緬ちりめんなどの織物の表面に表れた細かい凹凸。また、皮革や紙につけたしわ。
烏帽子えぼしの表面に作られたしわ。さび。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

皺の関連キーワード防皺・防しわ・防シワクリンクル・マーククリープ・リンクルコルゲーションワッシャー加工レザークロス縮織り・縮織パニフォルム横皺の烏帽子サントメ革翻波式衣文揉みくちゃ臓を揉むモール革金紗御召縄状の皺樹脂加工梅干し婆防皺加工サッカー

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

皺の関連情報