コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

盆茣蓙 ボンゴザ

デジタル大辞泉の解説

ぼん‐ござ【盆××蓙】

丁半ばくちで、壺をふせる所に敷くござ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼんござ【盆茣蓙】

丁半博打ばくちで、つぼを伏せるござ。盆。
盂蘭盆うらぼんに仏壇に敷いて供え物をのせるござ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の盆茣蓙の言及

【寺銭】より

…さいころ丁半賭博の賭場では,勝った客が取得する金額の5%を寺銭とし,2個のさいころがゾロ目といって同じ目になったときだけ,10%の寺銭をとった。賭けをする敷物を盆茣蓙(ぼんござ)といい,その計算が迅速にできないと〈ぼんくら(盆暗)〉といわれた。第2次大戦後はバッタマキという花札3枚ずつでする賭博で,3枚の札の数の合計が10あるいは20になるとブタといい,そのときだけブタハンと称して50%の寺銭をとり,他は寺銭なしの賭場もあった。…

※「盆茣蓙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

盆茣蓙の関連キーワード供え物丁半寺銭

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android