益田金鐘(読み)ますだの こんしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

益田金鐘 ますだの-こんしょう

?-? 飛鳥(あすか)時代の仏教信者。
天武天皇14年(685)百済(くだら)(朝鮮)僧法蔵とともに美濃(みの)(岐阜県)に派遣され,病気の天皇のために白朮(びゃくじゅつ)(オケラの根)をもとめ煎(せん)じ薬を献上した。これによって絁(あしぎぬ),綿,布をあたえられた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android