コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白朮 ビャクジュツ

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

びゃくじゅつ【白朮】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。「朮」ともいう。キク科オケラの若い根の外皮を取り除き乾燥したもの。健胃利尿解熱鎮痛などの作用がある。五十肩肩こり神経痛に効く二朮湯(にじゅつとう)虚弱体質胃腸炎貧血に効く人参養栄湯(にんじんようえいとう)胃アトニー胃腸虚弱に効く半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)などに含まれる。

出典|講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

びゃくじゅつ【白朮】

オケラまたはオオバナオケラの根茎を乾燥させた生薬。漢方で健胃・整腸・利尿薬とする。屠蘇とそ散にも入れる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の白朮の言及

【オケラ】より

…キク科で東アジアに数種が特産するオケラ属の多年草。万葉集の中にウケラとして歌われていたり,大晦日に京都の八坂神社で行われる白朮(おけら)参りの行事でも有名である。本州から四国,九州,朝鮮半島,中国東北部に分布し,日当りの良い乾いた山野の草原に生えている。…

※「白朮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報