コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目掛ける メガケル

2件 の用語解説(目掛けるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

め‐が・ける【目掛ける】

[動カ下一][文]めが・く[カ下二]
目標にする。めざす。「的を―・けて弓を射る」
世話をする。ひいきにする。目をかける。
「日来(ひごろ)―・けし仕立物屋の」〈浮・一代男・八〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

めがける【目掛ける】

( 動下一 ) [文] カ下二 めが・く
〔古くは「めかく」〕
目標としてねらう。目をとめて見る。 「ミットを-・けて投げる」 「伊成は-・けながら畏り居たりけるを/著聞 10
世話をする。ひいきにする。 「日来-・けし仕立物屋の十蔵と言ふ者/浮世草子・一代男 8

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

目掛けるの関連キーワード怖ける絎ける煤ける遠退ける蒸ける蓬ける痩けるささ・ける老けるふや・ける