コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目を掛ける メヲカケル

デジタル大辞泉の解説

目(め)を掛(か)・ける

ひいきにする。目に掛ける。「社長に―・けられる」
注意して見入る。
「散りかかる花の梢に―・けて日も暮れにけり志賀の山越え」〈丹後守為忠百首〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

めをかける【目を掛ける】

注目してひいきにする。気に入る。 「監督に-・けられる」
よく見る。目をとめる。 「来むとありしを、さやあると-・けて待ちわたるに/更級」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone