コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目を掛ける メヲカケル

デジタル大辞泉の解説

目(め)を掛(か)・ける

ひいきにする。目に掛ける。「社長に―・けられる」
注意して見入る。
「散りかかる花の梢に―・けて日も暮れにけり志賀の山越え」〈丹後守為忠百首〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めをかける【目を掛ける】

注目してひいきにする。気に入る。 「監督に-・けられる」
よく見る。目をとめる。 「来むとありしを、さやあると-・けて待ちわたるに/更級」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

目を掛けるの関連キーワード目に掛ける掛ける目・眼更級

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

目を掛けるの関連情報