盲将棋(読み)メクラショウギ

大辞林 第三版の解説

めくらしょうぎ【盲将棋】

盤や駒を用いず、棋譜を言いながら口頭でさす将棋。
下手へたな将棋。へぼ将棋。 「此-め/滑稽本・浮世風呂

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

めくら‐しょうぎ ‥シャウギ【盲将棋】

〘名〙
① 将棋で、一方または両方が盤と駒を見ずにさすこと。また、その将棋。駒の移動はことばを使って知らせ合う。
② よく考えもしないでむやみにさす将棋。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)前「ナニ、此盲将棊(メクラセウギ)め、太吉なざア、〈略〉本気で勝たつもりで居る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android