コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直原玉青 じきはら ぎょくせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

直原玉青 じきはら-ぎょくせい

1904-2005 昭和-平成時代の日本画家。
明治37年8月1日生まれ。大阪美術学校で矢野橋村(きょうそん)にまなぶ。昭和5年帝展に初入選。のち日本南画院展,日展に出品。昭和33年青玲社を結成し,主宰。35年日本南画院再興に参加し,平成3年会長。兵庫県淡路島の国清禅寺住職。俳句を高浜虚子にまなび,句画禅一如を説いた。平成17年9月30日死去。101歳。岡山県出身。本名は正。作品に「禅の牧牛,うしかひ草」「迷」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

直原玉青の関連キーワード日露戦争史(年表)ラムサール条約[各個指定]工芸技術部門日本のラムサール条約登録湿地[各個指定]芸能部門日露戦争ロシア革命小泉純一郎内閣APEC