コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直扱い

1件 の用語解説(直扱いの意味・用語解説を検索)

保険基礎用語集の解説

直扱い

代理店扱いとなりますので意味は次の通りとなります。損害保険契約は、その取扱者によって、代理店扱い保険仲立人扱いと直扱いとに区分されます。代理店扱いとは、代理店(使用人が扱う場合を含む)が取扱った保険契約をいい、保険仲立人扱いとは、保険仲立人が取扱った保険契約をいいます。また直扱いとは、代理店または保険仲立人を仲介せず、保険会社の役員または使用人(直販社員特別研修生等を含む)が直接取扱った保険契約をいいます。現在、損害保険契約の募集は、代理店が主体となって行っています。生命保険契約は、営業職員扱いが主であるが、募集代理店扱い、内務職員扱いなどもあります。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

直扱いの関連キーワード死差損積立マンションライフ総合保険大衆保険保険申込書代理店扱い種別代理店総収入保険料積立店舗休業保険料率表費差損

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone