コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直接費・間接費 ちょくせつひかんせつひdirect cost,indirect cost

世界大百科事典 第2版の解説

ちょくせつひかんせつひ【直接費・間接費 direct cost,indirect cost】

一定単位の給付の製造または販売に関して発生したことが直接的に認識できる原価要素直接費といい,そうでない原価要素を間接費という。直接費(直接原価ともいう)は製造直接費と販売直接費に分かれ,間接費も製造間接費(減価償却費,火災保険料など)と販売間接費(広告宣伝費,運搬費など)に分かれる。直接費と間接費の区別はかつては計算手続によっていた。しかし現在では,生産組織の部門化や生産工程の自動化・装置化により,直接費と間接費の区別は経営管理の点から給付に対する原価の発生形態によっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android