コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直熱型陰極 ちょくねつがたいんきょくdirect-heated cathode

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

直熱型陰極
ちょくねつがたいんきょく
direct-heated cathode

熱電子管の陰極の一方式。電子管において,電子を放出する陰極は,通常金属などを熱する必要がある。直熱型真空管では,電流を流して加熱するフィラメント (金属線条) 自身を陰極として用いる。代表的な例として,タングステンのフィラメントそのものまたはその上にトリウムの単原子層をつくってタングステンの仕事関数を見かけ上低下させ,熱電子放出をよくしたものがある。 (→傍熱型陰極 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

直熱型陰極の関連キーワード熱陰極