傍熱型陰極(読み)ぼうねつがたいんきょく(英語表記)indirectlyheated cathode

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

傍熱型陰極
ぼうねつがたいんきょく
indirectlyheated cathode

電子管陰極の一方式。電熱線を囲んで陰極を配置したもので,陰極は間接に加熱される。加熱線と陰極は絶縁されており,かつ熱容量が大きいので,交流によって加熱しても,陰極の温度は交流の速い周期に追従せず一定に保たれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぼうねつがた‐いんきょく バウネツがた‥【傍熱型陰極】

〘名〙 電子管の熱陰極の一つ。陰極が内部の別のヒーターで加熱されるようにしたもの。陰極温度が比較的均一になる。傍熱陰極。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android