直物為替相場(読み)じきものかわせそうば

百科事典マイペディアの解説

直物為替相場【じきものかわせそうば】

外国為替取引において,売買契約成立と同時にまたは以後数日中に,外国為替とその対価である自国貨の受渡しを行う直物取引に適用される相場。現物為替相場ともいい,先物為替相場に対する。
→関連項目為替相場

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android