コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直翁 ちょくおうZhi Weng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

直翁
ちょくおう
Zhi Weng

中国,南宋末の禅僧画家。閲歴は不明。名は若敬か。直翁の印がある人物画『六祖挟担図』その他が現存し,『君台観左右帳記』の率翁 (そっとう) がこれにあたると考えられる。宋末の禅余画界に流行した罔両画風の流れをくむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょくおう【直翁 Zhí wēng】

中国の画家。伝歴はまったく不明で,作品に押された印章によって確認される。室町時代以来,印文の誤読によって卒翁と呼ばれていた。南宋時代の禅僧,偃谿広聞の題賛のある《六祖挟担図》(大東急記念文庫),《布袋図》(梅沢記念館)が遺品であり,そうした主題,題賛者,画風からみて,南宋時代の禅余画家と想像されている。【海老根 聰郎】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

直翁の関連キーワード高橋弾正左衛門井田赤城田村直翁直心影流深山正虎東明慧日魁叟永梅万寿寺智侃

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android