コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閲歴 エツレキ

デジタル大辞泉の解説

えつ‐れき【閲歴】

[名](スル)
人が今まで社会的にたどってきた跡。経歴。履歴。
経験すること。
「只それ丈の刹那(せつな)の知覚を―したというに過ぎなかったので」〈鴎外

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えつれき【閲歴】

( 名 ) スル
〔原義は、年月など時間が過ぎ去ること〕
ある人がそれまでに経てきたことがら。経歴。履歴。 「複雑な-をたどってきた人」
物事に接して知識・技能などを修得すること。また、その修得したもの。 「其-する所に就て一書を著し/佳人之奇遇 散士

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

閲歴の関連キーワード山上憶良(やまのうえのおくら)曆・歷・暦・歴・礫・轢妄想(森鴎外の小説)謁・悦・謁・越・閲高橋虫麻呂田辺福麻呂東洲斎写楽断腸亭日乗柿本人麻呂山部赤人高市黒人山下幸内馬場文耕喋喋呶呶武陽隠士直木賞平敦盛笠郎女秋谷豊高見順

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

閲歴の関連情報