印文(読み)いんもん

精選版 日本国語大辞典「印文」の解説

いん‐もん【印文】

① (━する) 印章などに刻まれた文字または記号。浮き出ている、または、くぼんでいる文様。いんぶん。また、特に、織物などで文様を浮き出させること。
※令義解(718)選叙「凡官人至任。若無印文者。不受代
※浄業和讚(995‐1335)下「最後の相好のぞみしに、千輻輪の印文(インモン)をいだして迦葉にみせしめき」 〔柳宗元‐柳州寄周韶州詩〕
② =いん(印)
※米沢本沙石集(1283)一「昔、此の国いまだなかりける時、大海の底に大日の印文(インモン)有りけるによりて」
③ まじない。また、守り札や護符。
※狂歌・銀葉夷歌集(1679)一〇「印文をうくる㒵にてうけざるは阿闍梨にはならであじゃらにぞ成」
※咄本・続一休咄(1731)二「扨虚空に向ひ、ろうかろうかの印文(インモン)は何といふ文にて候にや」

いん‐ぶん【印文】

〘名〙 =いんもん(印文)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「印文」の解説

いん‐もん【印文】

印章などに刻まれている文字や記号。
お守り札。護符。おまもり。
「善光寺様の御―にも勝って」〈浄・歌祭文

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android