コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

印文 インモン

デジタル大辞泉の解説

いん‐もん【印文】

印章などに刻まれている文字や記号。
お守り札。護符。おまもり。
「善光寺様の御―にも勝って」〈浄・歌祭文

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いんぶん【印文】

印章などに刻まれた文字や文様。いんもん。

いんもん【印文】

仏像の手指の示す特定の形。また、真言密教で、僧が呪文を唱えるときに指でつくる形。印。
お守りふだ。護符。 「善光寺様の御-にも勝つて/浄瑠璃・新版歌祭文」
いんぶん(印文)」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

印文の関連キーワードテペ・スカンダル遺跡漢倭奴国王印田中 於菟弥ドンソン遺跡新石器時代新版歌祭文太政官符紹興遺跡今川氏親里見義頼登米水月里見義康印文土器天下布武真言密教北条氏照狩野即誉憬南謙堂北条氏規古瀬戸

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

印文の関連情報