直腸麻酔(読み)ちょくちょうますい

日本大百科全書(ニッポニカ)「直腸麻酔」の解説

直腸麻酔
ちょくちょうますい

直腸の中に麻酔薬を注入することによって、患者を眠らせる方法である。使用麻酔薬として、以前はアベルチン、パラルデヒドなどが用いられたが、現在はジアゼパムがおもである。体重1キログラム当り0.4~0.5ミリグラムを直腸内に挿入すると、30分前後で眠ってしまう。この麻酔法は麻酔の深さなどの調節がむずかしいので、手術の際に単独で使用されることはなく、他の全身麻酔の補助としても今日ではほとんど使用されない。小児の検査時などに体動の抑制を目的として鎮静する際に用いられることが多い。

山村秀夫・山田芳嗣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android