コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直観論理 ちょっかんろんりintuitionistic logic

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

直観論理
ちょっかんろんり
intuitionistic logic

命題が「真」であるとは,「われわれは,正しいという事実を確認する方法をもっている」ということであると考えた論理。すなわち,「A が正しい」ということは,「A を確認する方法をもっている」と同じである。この考えは,ロイツェン・E.J.ブラウエルによって最初に提案された。直観論理では,従来の古典論理で成立していた論理法則で成り立たないものがある。たとえば,排中律A∨¬A」(AA でないかのどちらかである)は一般には成立しない。また,「¬¬AA」も一般には成立せず,A の二重否定「¬¬A」は「A」と同等にならない。しかし,A の三重否定「¬¬¬A」は A の否定「¬A」と同等である。論理結合記号「∨」「∧」「¬」「⊃」「∀」「∃」などは,古典論理と異なりすべて独立した概念を表している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

直観論理の関連キーワード二重否定

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android