コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相対的剰余価値 ソウタイテキジョウヨカチ

2件 の用語解説(相対的剰余価値の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そうたいてき‐じょうよかち〔サウタイテキ‐〕【相対的剰余価値】

剰余価値の一形態。総労働時間が変わらない場合、生産方法の発展・改良などによって必要労働時間が短縮され、その結果生じた剰余労働時間が生み出す剰余価値。⇔絶対的剰余価値

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

そうたいてきじょうよかち【相対的剰余価値】

剰余価値の一。必要とする労働時間を短縮することによって生じる剰余価値。 ↔ 絶対的剰余価値

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の相対的剰余価値の言及

【資本論】より


〔全体の構成〕
資本論は第1巻〈資本の生産過程〉,第2巻〈資本の流通過程〉,第3巻〈資本制生産の総過程〉から成っている。 第1巻は,第1編〈商品と貨幣〉,第2編〈貨幣の資本への転化〉,第3編〈絶対的剰余価値の生産〉,第4編〈相対的剰余価値の生産〉,第5編〈絶対的および相対的剰余価値の生産〉,第6編〈賃金〉,第7編〈資本の蓄積過程〉から成る。第2巻は,第1編〈資本の姿態変換とその循環〉,第2編〈資本の回転〉,第3編〈社会的総資本の再生産と流通〉から成る。…

【剰余価値】より

…これらはいずれも,資本の本質が剰余価値の獲得,もっと正確にいえば,より多くの剰余価値を得ようとするところに起因する。資本はできるかぎり多くの剰余価値を獲得するために,労働者をより安い賃金で,より長時間働かせ(これによって生産される剰余価値を〈絶対的剰余価値〉という)ようとするだろうし,生産方法・生産編成を改善することによって従来の労働条件のままでも必要労働部分を減少させ,相対的に剰余労働部分を増加させようとする(〈相対的剰余価値〉)。資本にはこれらいずれの傾向もあるから,上記のような特徴が資本主義社会につきものとなるというわけである。…

※「相対的剰余価値」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

相対的剰余価値の関連キーワード可変資本実労働時間所定外労働時間搾取剰余労働絶対的剰余価値必要労働時間見做し労働時間所定労働時間社会的必要労働時間

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone