コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相対貿易法 あいたいぼうえきほう

1件 の用語解説(相対貿易法の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あいたいぼうえきほう【相対貿易法】

1655‐71年(明暦1‐寛文11)の長崎貿易の取引方法。糸割符制の廃止により,それまで排除されていた糸割符仲間以外の商人でも,白糸を含めて外国側と直接(相対に)値段を決めて取引できるようになった。しかし,せり買いによる価格騰貴,大量の銀流出が幕府の問題とするところとなり,金・銅・銅銭・炉滓(ろかす)の輸出,輸出入禁制品指定,入出港規制の強化,買占め禁止など,市法貿易法への準備がなされた。【中村 質】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

相対貿易法の関連キーワード宣明暦明暦長仁親王五島盛勝柴田風山津軽信義永井尚征西道智堀直佑正歳

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone